SIMカードとは?

格安sim初心者
使用する回線の業者(docomo、au、softbank)、発信用電話番号(090-xxx-xxxx、又は080~)、利用者との契約情報など回線の接続に必要な情報が入ったものを「SIMカード」と呼びます。

それをフィーチャーフォン(ガラケー等の旧タイプ携帯電話)やスマートフォンに差すことで、電話及びネット回線に接続することが出来るようになり、電話をかけたり家の外でもメールやネット閲覧をする事が出来るようになります。

逆に言うとWi-Fi対応のスマートフォンであればSIMカードがなくても、家の中にインターネット接続可能なWi-Fi親機があればそれを経由してネットに繋ぐことは可能です。

格安SIMが登場する以前はSIMカードを入手する為に、キャリアと呼ばれるdocomo、au、softbankなどの決められた数社の内の一社と契約する必要がありました。

格安SIMとは?

スマートフォンでネット接続して動画を見たりなど、月の7GBまでの通信制限まで使用する人などは月額7~8000円近い通信料金が掛かっていました。

ですが格安SIMなら月6~7GBなら2500円前後しか料金は掛からず、逆に料金が掛かっても通信容量が欲しい人なら、月毎30GBの大容量を7~8000円の料金で使えるプランも提供されています。

 

キャリアに比べると通信料金が「格安」なので、それらプランで提供されるSIMカードを「格安SIM」と呼んでいます。

なぜ格安なの?

格安SIMを提供する会社は回線自体はキャリアのものを一定量間借りして、それをさらに利用者に貸し出す形で運営しています。

ですので電話の繋がりやすさなどは元の回線事業者と同じですが、電話よりも遙かにやりとりするデータ容量の多いネットの繋がりやすさは格安SIM業者がどの程度キャリアから回線を借りているかによって大きく異なります。

契約者数より借りている回線が多ければ空いているため、ネットを閲覧するときの速度も十分に出るのでしょうが、契約者数より借りている回線が少なければ混雑するため、ネット閲覧速度も出ず非常に遅くなったりします。

この様に「回線が安定しないリスクが料金に反映されている」ので、格安で提供できているのです。

もちろん回線の空いている会社を選んだり、利用者から徴収した料金で新たに回線を借りたり等設備の増強できる会社なら格安SIMの恩恵を十分受けることが出来ます。

ただ安いだけでキャリアに比べると低速だったり、様々な制限を受けたりなどのデメリットも多くあることを把握した上で契約する必要が出てくるでしょう。

どうやったら使えるの?

インターネットで直接契約&購入する方法が一般的ですが、家電量販店や中古携帯電話販売を行うレンタルショップの店頭でも格安SIMの契約が可能です。

自分の使っているスマートフォンのSIMスロットのサイズなどが分からない場合は、質問したり確認して貰えるショップ店頭の方をオススメします。

格安SIMの提供会社の殆どはdocomoの回線を利用しているのでdocomoで購入したスマートフォンならSIMカードを差し替えるだけで使用できます。

SoftBankで購入した端末も回線周波数はdocomoと同じ物を使用しているので(古いiPhone等一部を除き)SIMロックを解除して貰えばdocomo用格安SIMカードを使用できます。

auで購入した端末の場合、使用する回線の周波数が異なるので格安SIM会社は限定され、現状ではmineo(マイネオ)やUQモバイルのみとなります。

格安SIM会社でもSIMフリー端末と呼ばれる「キャリアで販売されているスマートフォンのSIMロックを外したものと同様の携帯電話」をセットで販売していたりするので、それらとセットで購入すれば「契約したけれど使えなかった!」という事故が防げるので、SIMロック解除などの手続きに自信のない方にはそちらをお勧めします。

どこの格安SIMがオススメ?

とにかく安く…というのであれば自宅のインターネットと同じプロバイダ業者をオススメします。プロバイダと同じ会社にすることでサービスや明細を一本化できたり、割引を得られたりするからです。

ネット接続できる端末がスマートフォンのみの場合は、自分がよく利用しているアプリを提供している会社(LINE等)やその提携会社が良いでしょう。

指定されたサービスを使う場合は通信容量が加算されない(例:LINEを使っている分の通信容量はカウントされず、通信制限などに掛からない)「カウントフリー」というプランが大抵用意されていて、低料金プランでも通信制限に掛かりにくくなるという理由でオススメできます。

まとめ

ただ安いからという理由で格安SIMに乗り換えると、速度低下や受けられるサービス面での低下に遭うのが必至なのでお勧めできませんが、自分の利用環境と提供するSIM会社を徹底的に下調べできるような人であれば、格安SIMの利用で通信料の節約に繋げることが出来るでしょう。

またすぐに乗り換えなくても、格安SIM会社のプランと現在のキャリアのプランを比較することで、プラン見直しなどに繋がって結果節約出来るかもしれません。

「選択肢の一つとしてそういう会社もある」と覚えておくと、いざ節約を迫られたときに役に立つかもしれませんね。